【シャドウバース】SORアディショナル環境を徹底考察!!

定番ゲーム
シャドウバース (Shadowverse)

シャドウバース (Shadowverse)

Cygames, Inc.無料posted withアプリーチ

2016年のリリースから数年経った今でも人気の高い、対戦型オンライントレーディングゲーム「シャドウバース」。

今回は根強いファンの多いこのゲームに実装された「SORアディショナル環境」について考察してみました。

アディショナルカード追加による変化

機能追加されることにより、これまでと環境はどう変わったのか?まずはこちらの表をご覧ください。

「tier早見表」

※プレイ難易度:⭕️簡単 🔺普通 ❌難しい

tier1

ロキサスエルフ
進化ロイヤル
連携ネメシス
コントロールネメシス

tier2

アグロエルフ🔺
連携ロイヤル🔺
式神ウィッチ⭕️
ディスカードドラゴン
グレモリーネクロ🔺
清浄ビショップ⭕️
守護ビショップ⭕️
アーティファクトネメシス🔺

tier3

ヴァルフリートロイヤル⭕️
庭園自然ドラゴン⭕️
アグロネクロ⭕️

※この表は後に順位が変動することがあります。

上の表を見ればわかる通り、アディショナルカードの追加で環境がガラリと変わるようなことはありませんでした。

しかし、tier1のデッキの全てが相手によって細かくプレイを変えなくてはならない為、プレイ難易度が高く設定されています。

それが影響しているのか、今期は特に名前を聞くプレイヤーの勝利報告を耳する機会が多い気がします。

それほどに実力で勝率を維持しやすい環境、逆に言えば負けが続くような状態で疑いの目が自分に行きやすい環境でもあります。

デッキ紹介

早速ですが、今期使用されるであろうtier1のデッキを、サンプルリストとともにいくつか紹介していきたいと思います。

ロキサスエルフ

このデッキのメインコンセプトは、

ワンダーコックや荒野の休息を経由してナテラの大樹をハンドに抱え、ロキサスが着地するターンにそれらを込みで、乗り物アミュレットにスクナやシャム&シャマなどの疾走札を駆使し。

強力な盤面と大量打点を押し付け、相手の処理が間に合わない状態を作り勝利する、というものです。

序盤をある程度捨てるというコンセプトの都合上、横並びでの展開が弱点ではあるものの、ロキサスやヴァーミンハンターでそのアドバンテージの差を後から埋めることが可能。

ある意味隙のないデッキとも言えます。マリガンでは、ロキサスとナテラの大樹を供給するカードを中心に探しにいきましょう。

進化ロイヤル

このデッキは、10ターン目のフィニッシュにゼルガネイア+君臨する猛虎を構える準備を行ったり、複数枚のカゲミツを使って進化を稼ぎ、アルヤスカやアンリエットを使って処理が困難な盤面を押し付けて勝ち切るなど様々なプランで価値を拾いにいくので、コンセプトというコンセプトはありません。

序盤の手札事故が比較的起きやすいデッキではあるものの、ナハト・ナハトの処理性能が凄まじく、最近のトレンドでもあるロキサスエルフや連携ネメシスなどのボードでの勝利を重く見ているデッキに対して通りがいいので、それもあってか環境トップに上り詰めています。

このデッキを触ったことがないって人はあまり聞きませんが、初めて触る方はエミリアやゲルトなどのリソースカードやカゲミツやナハト・ナハトなどの進化を稼ぎながら他のところでアドバンテージを稼ぐカードをキープしてみるところから始めてみるといいと思います。

連携ネメシス

今期の主役とも言えるこのデッキですが、実は見た目以上に繊細で、択の取り方を間違えるだけで簡単に負けうるようなデッキになります。

テンプレがそこまで確立されていないので、かなり個人差が出るデッキでもあります。

基本的には、人形やイルガンノなどを駆使して連携数と破壊数を稼ぎ、最後はヴォイドリアライズでの疾走打点やフェイラン込みの大型の押し付けで勝ち切ります。

マリガンはイルガンノと人形を供給できるカードをキープするところから始めてみるといいと思います。

コントロールネメシス

このデッキのメインコンセプトは、ディメンションドミネーターでカプセルホムンクルスにPP回復効果を付与し、進化を切ってリーダーにもPP回復効果を付与。

その後、9コストでラグナアウェイクでチョイスしたヴィズヤとディメンションドミネーターで、効果が付与されたカプセルホムンクルスの効果を駆使して、OTKを決めるデッキことです。

また、10ターン目の直接召喚ゼルガネイア+ラグナアウェイクでのOTKも可能です。

ゲームを後ろに傾ける都合上、序盤の押し付けが強力なデッキに対して、ある程度対処しないとOTKが間に合わないので、スロースやイルガンノなどのカードでライフを守り、OTKに繋げることが重要。

つまり、それまでの動きの難易度がかなり高いデッキで、まだ触ったことのない方には一番お勧めしません。

それでも触りたい方は、マリガンでイルガンノやドローソース、後攻でのみゲームを短くできるラミエルをキープしてみてください。

tier1以外の注目しているデッキ

今期使用されるであろうtier1のデッキを紹介しきましたが、ここからはそれ以外で注目しているデッキを、こちらもサンプルリストとともに紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

式神ウィッチ

こちらの式神ウィッチはある程度の弱点はあるものの、tier1のデッキに対して相性がかなり良く、今後増える可能性があるデッキタイプになります。

メインコンセプトは、序盤を処理スペルで誤魔化しながらルーニィやクオンにスペルブーストを蓄め、中盤大型の処理やバーンダメージを駆使して詰め切るというものです。

勝率がかなりルーニィに依存しており、引かない又は引くのが遅れた試合が穴になりやすいものの、引いた時の爆発力の高さから、パワーデッキの1つとして数えられています。

マリガンは基本はルーニィ全力ですが、マリガン前に見えた場合はドロー付きの小型スペルと一緒にキープしましょう。

ディスカードドラゴン

こちらも今期かなり注目しているデッキです。

メインコンセプトは、PPブーストを挟んでプレシオサウルスをなるべく早く着地させ、ディスカードしながら相手の盤面を処理しつつ顔にダメージを入れ、最後に疾走札で押し切るというものです。

かなりコツが要りますが、使いこなせればtier1のデッキを打ち砕けるパワーとキーカードをサーチする手段を有してるため安定感がある魅力的なデッキです。

先攻はPPブーストとプレシオサウルスもしくは探せるカード、後攻はそれに加えてゲオルギウスをキープしてみましょう。

まとめ

今期のデッキをいくつか紹介させていただきましたがいかがだったでしょうか?

注目しているデッキ以外にも、これから上がってこれるポテンシャルを持ったデッキはたくさんあるので、気になったデッキを自分で試してみるといいかもしれません。

今後も進化を続ける「シャドウバース」から目を離さず、役立つ考察をお送りできればと思います。

シャドウバース (Shadowverse)

シャドウバース (Shadowverse)

Cygames, Inc.無料posted withアプリーチ